シミジミとい言われた

御ジーに「あんたって 本当に御白いなあ 変な奴だなー」 ってシミジミ言われた 何でー?      私 真面目に生きてるのにな 私が何をしてたかというと 入院グッズのチェック 私ねえ カチッとした四角の 旅行鞄(コロコロ引きずる奴)って 初めて買ったのよ いちばん最初に詰めた時は落ちたわ そりゃそうよね 入院準備だもん でもね そのかばんが気に入っちゃって 結構入るし でね 開けては詰めて 開けては詰めて  今は なんだか 修学旅行に行くような気分 ♪ 今日も 開けて 全部入れなおして 閉めたところを御ジーに見られたわけよ で さっきの言葉に続く 入院が終わったら このかばんをもって 旅行に行きたいなぁ 。

続きを読む

皆 たいしたことをしてないんだなあと 思った

昨日 朝9時 私は 朝寝中 携帯が鳴り起こされる 美代子だ 「ヌゥ  笑っちゃうよ 私の頭が オレンジになっちゃったぁ」 寝ぼけた頭で 美代子の首にオレンジが載ってる図を 思った 「はあ?  また 馬鹿をやらかしたの?」 どうやら 髪を脱色したら 金髪になっちゃったから 慌てて 黒っぽく染め直したつもりが オレンジ色になっちゃったって って 暮れの忙しいときに  美代子は何をやってるんだ!!!  (自分のことは置いといて) それから 美代子のハイテンションに付き合わされ すっかり 目が覚めちゃった んもー  これからお昼まで どうやって 時間をすごすのよーーーーー 馬鹿美代子ッ! 美代子も鬱  だけど 昨日は 結構明るかった  調子が良いのかな 美代子が言うには ごぼう茶を飲んだら 体調が良いって うらやましいよね 何でも騙される美代子が 黒酢何たらも飲んでるって いつも自慢する あんたさあ その黒酢の会社 信用できるの? どっか 変わったの? 「・・・・・・」 美代子 韓流の お酢が入ってる甕みたいなのが並んでる映像を見て  あれが入ってるんだあなんて ごまかされてるんでしょ 本当は 何が入ってるかわからないよ だったら スーパーで黒酢買ってきな あの方が よっぽど 信用できるわ と 説教 美代子は不思議な子 学校…

続きを読む

アテストとは

ご存じない方も多いでしょう アチーブメントテスト  神奈川方式  と言います 私のころは 3年で やってた気がする その結果と 内申点で 希望高校が決まり 受験する まだ 推薦なんて 無かった時代 なんせ 50年前だからね 親も必死  その日の弁当は カラフルだったねー 普段は アテストと呼んでいた 高校生のころ よく新宿に 踊りに行った(ゴーゴー) その時に 会場のマイクのテストをするスタッフが  「ア テスト ア テスト」って繰り返すのよ 途端 あの頃に戻り イヤーな気分だったわー 昔 土曜日は 半ドンで 帰りに友達の家によって 着替え いざ 新宿へ 「アップル」「サンダーバード」など ゴーゴー喫茶で踊るのよたのしかったわー  遠い目 アテストから ゴーゴーに 飛んじゃった ま アテストは 9教科 400点取れれば 高級高校に行けた 皆 頑張った   らしいよ (他人事) 私? 頑張らなくても できたもん     昔のことだから好きに言わせて   。

続きを読む

ア テスト

神奈川県育ちのおじさんおばさんは 懐かしーでしょ ではなくてー これは iPodから発信してます テストです 入院中は パソを持ち込めないので iPodから発信します 宜しく ところが私 iPodはゲームと検索しか 使ってないので これから勉強しなきゃ 入院中 面白いことを探してお知らせ 食事も載せちゃおうかな いつから そんな余裕がでるか こう ご期待っす . 絵が 横向いちゃった

続きを読む

何事も起きませんように  

昨夜 珍しい人から電話があった は~のお母ちゃんだ は~の両親の仲人をしたのが うちの親 ま それ以前から 色々付き合いがあった は~は 故母をおばあちゃんと呼んだ は~の母ちゃんは は~を生んでからも働いてた だから は~は 我が家で預かった 末っ子の私が 7歳の時 は~が家に来てから 私は 末っ子の特権を は~に 一挙に奪われた 他人のくせに  みんなに可愛がられた  ま かわいかったよ でも私は そのために 寂しい思いをした だから は~とはよくケンカをした  7歳違いなのに 面倒も見させられた 普通なら末っ子って かわいがられて育つのに その辺から 私の人生が ちょっとずつずれていく でも 大人になってからは 仲良し お互い 子供のころに いじめられただだの 生意気だっただの の話が必ず出る 今は 大事な人        は~のお母ちゃんもは~と同じように大事な人 電話の内容は  今度 は~と 三人で お昼を食べようよで終わった そのあとから 私は 心臓がバクバク は~の母ちゃんは80代 その人が ふっと電話してきた もしかして 何かある? あ 私の手術を は~がばらした? は~の母ちゃんは義理堅い  うちの母に世話になったからって 私のことも気にしてくれる だから は~には 口止めしといた 年寄りに 心配事は少ない方が良…

続きを読む

念のため と スッキリしたと  今日のお馬鹿

15㎝切った  の記事の写真は 前髪です 後ろ姿ではありません  念のため パジャマを買ってきた 入院の時  前開きパジャマを数枚用意するよう 言われた 私は前開きのパジャマは持ってない みんな かぶりのパジャマ   簡単だからね ま ボタンを外さなきゃいいじゃん って意見もおありでしょう でも  なんか 前開きのパジャマを買っても  後 使わない気がして 前開きの薄い上衣を買った それと ホームウエアーの ズボンで 良いと思った ところが どうも気にいらない 色が 合わないのだ 病人なんだからさあ  どうでもいいじゃんと思ったけど なんか 引っかかる やっぱり 上下そろってるパジャマを買おうかな で 今日 たまたま行った衣料店が セール中で 安い なので 3枚買ってきた なんか ホッとした  私は やっぱり頭が固いのかなあ ジャージの上下でもよいんじゃないかと思うけど 点滴をしたら めくらなきゃならない その時 ゴムがきつかったら・・・ 諸々 思いが巡る これは すべてパジャマを買うことで スッキリする 年寄りだから 頭が固いから 言われたとおりにするのが一番なのかも 最近 本当に 年を感じるわ でも 慣れなきゃね  開き直らなきゃね    頭が固いから どうだってんだ  おぅ?⤴ 開き直りと…

続きを読む

おバカ息子

朝 6時 息子が 出勤 通勤時間が長いから 朝が早い ちょっとかわいそう  で その息子を御見送り 玄関で 息子が 「行ってきまーす」って 元気よく ドアを開け 「うぉーー  サブッ」   って ドアを閉めちゃった ( ゚Д゚)ハァ?  玄関に残るバカ息子 「お馬鹿ッ 早くいきなさい!!!」  無言で出かけた 後から笑いが   ははははははははは ツボにはまってしまった 止まらない 寒いからって ドアを閉めるかぁ?   バカ息子 ったく どなたか バカ息子の 面倒を見ていただけませんかねー 。

続きを読む

15㎝くらいかな  バッサリ

髪を切ってきた 15㎝以上 バッサリ ベリーショートから伸ばし始め 結構伸びた 理由   入院 私の髪は油が多いから 一日でも洗わないと ベターっとする 伸ばして結った方がいいかなと 思ったけど  洗髪がめんどくさい で バッサリ 入院するので とりあえず 髪を切るが また伸ばすので バッサリ切ってほしいと シャギーとか入れないで 短く切るだけ  と 注文 切った後で 美容師が言ってた  「これが一番 難しいんですよね」  だと そうだろうね  ごまかしがきかないもんね  悪かったねー これから  また  伸ばすぞーーーー 。

続きを読む

昨日は穏やかに過ぎた

私のブログをご覧になってる方は ご存知でしょう 私は ジェットコースター婆です (上がったり下がったりが激しい) 昨日は だいぶ 復活 おまけに  御ジーと 息子が仕事で 家に私一人 い~ねー   のーーーーンびり で マックを 美味しくいただきました 御ジーが マックを嫌いなので (例の件から食べなくなった) 御ジーがいないときしか 食べられない 私は 食べたいものは食べる主義だからね 久しぶりのマック 美味しかったよーーー あのね  いつものことなんだけどね   明るく暮らす呪文を思い出したのよ 「今日を楽しもう」   先のことは考えてもわからない 私が癌になるなんて 想像もしなかった   ねッ 明日のことは分からないのよ だからさ  今日を楽しもう これがいつも 頭にあればよいんだけどね すぐ忘れるのよ  お馬鹿ヌゥ まあ 上がり下がりしながら  過ぎていくんだろうね(今は特に) 御ジーにもらった 本のおまけの スケジュール帳 来年は どんなことが書かれるのかな? 。 。

続きを読む

落ちた

この前 買ってきた 旅行鞄に 入院用品を放り込んでおいたら 山になってた 御ジーが  「だいじょうぶかぁ? このかばんで 入り切れるのかな」って なので 昨日とりあえず 綺麗に詰めてみた 詰め始めて途中  うんざりした 今 自分がやってることが 実は大変なことにかかわってるのだと感じた 普段は 手術のことは あんまり考えない 心配もしてない  でも 安定剤は 飲んでる が 現実に 手術に向き合うと  気分が落ちる 鬱じゃなかったら もっと楽に できたんだろうと思う 詰め込み終わるころには どっぷり  気持ちは 落ちた もう 助からなくてもいいやとか  今回は 上手くいっても4パーセントは もう体に散ってる それが 再発して 私は 癌と戦いながら生きるのか  なんて思ってしまった やっぱり 癌は怖いわ でも 癌と戦いながら生きてる方はたくさんいる  わたしも・・・・     でも なーんか 生きるのがめんどくさい          いつものセリフ 安定剤を飲み しばらく横になってた 御ジーが来たので 話した 御ジーも 経験者なので  分かってくれた 入院かばんは 蓋をした  今度開けるのは 最後のチェックでいいや 大丈夫だよ 頑張るのは先生で 私は寝てるだけ なんて のんきなことを言ってはいるが 心の奥底では  色んな負が渦巻いているんだなあ…

続きを読む

65歳は難儀だぞー

ぽんねえ♪さんのブログにあったのを お借りしました 「65歳ぐらいは大変だ・・寝られない、やる気が出ない、不安がつのるという。 下りは難義だぞ~。」 武田鉄矢さんのお話だそうです 私も最近 特に感じます 物忘れが多いし やる気が出ない   ほーんと  おっしゃる通りなのよね 昨夜のご飯中 御ジーが 「28日って なんだっけ?」 って聞いてきて    「28日?  なんもないよ」 「そんなことないだろう 」 御ジーは遊び始めた 誰かが来る? ×  ご馳走してくれる? ×  いろんなこと言ったが× 「あんた いつ 入院するの?」 「3日だよ」 「何時に? 病院のどこへ行けばいいの?」   「知るかッ? そのうち 連絡がくでしょうよ」 「あんたねえ この前の 入院の説明の時に 看護師さんが  28日に それらを連絡するって言ってたのを 聞いてなかったの?」  「へえーーー  初耳ーー」 「あんたってさあ 本当に 人の話を聞いてないんだねーー」と 感心する 御じー 「だから 医者が わかってますかぁ? って 何度も聞いてたんだぁ」と 納得 あの時は 痛み止めの薬が効いてて ぼーっとしてたの!と言いつつ 最近の私の お馬鹿には 私自身 うんざりしてる どうしたもんかねー ぽんねえ♪さんのブログには 「慣れること」って書いてあった そうかあ 私も 老人になったんだあ …

続きを読む

術前最後のお遊び

昨日は は~と お遊び 海老名で まずは 私の入院準備の買い物  パジャマとか  昨日が 人ごみに入るのは最後 なんせ インフルエンザが怖いからね それから 私が見つけた店で お昼 ステーキ   クフフフ うまかったよーーー それから いつもの会話 私は 皆にお見舞いには来ないでほしいって 言ってるの だってさあ 化粧はしてない 風呂にも入ってない 一番見せたくないじゃn それに笑わされても 困る(痛いから) それと お見舞いもいらない って   これからはさ お互いさまで行こうよ 年をとったら 義理を欠かなきゃ  年金生活だからね お気持ちだけで 結構! は~ んちは 山や畑を持ってるけど  あれって  二束三文らしいね 敷地も広いけど ど田舎だから 値打ちがない 早く出ていきたいって でも 今は姑の介護中 そのストレス解消もかねて 大笑いしてきたよ わたしも は~も 田舎者    人に疲れたよ 最近 写真を撮るのを忘れる だから 美味しいステーキの写真もナッシング さて カートも買ってきたから それに 入院に必要なものを 放り込んでいこう 段々 その気になってきたよ   は~と また遊べるように  早く癌騒動を終わらせなきゃ  。

続きを読む

癌は 私だけじゃなかった

昨日 太極拳のお仲間が電話をくれた いろいろ話してたら 妙に 病気に詳しい そしたら 彼女は 今年 3月に ガン宣告されてたんだって で  今は 経過観察中 ええ?あなたも??? でも 普通に太極拳に来てたじゃん 強い人だなあ 彼女は ガン宣告されたとき ホッとしたんだって 癌で良かった 認知症になったら みんなに迷惑をかけるから   癌で逝った方がいいわ   って 思ったって へえ  色んな人がいるんだな 私は 認知症は  なったもん勝ち って気がするけどね 私は姑の認知症で 苦しんだからね   (本人は お花畑で遊んでた) まあね うちは嫁がいない いたとしても 今の時代 介護なんてしてくれるかどうか 認知症にならなきゃ いいんだけどね 彼女はそう思って ホッとしたんだって 今は 風邪をひかないように 気を付けてるって         でも 太極拳に 来てるよ そうそう 彼女の ガン宣告も 医者が可愛そうだったって 深刻な顔をしちゃって ガン宣告をしたから   彼女が 逆に医者の肩をたたいて 慰めてあげたかったって おもしろい人でしょ 私の周りは  そういう人ばっかり 癌って やっぱり 二人に一人なんだなあ   って 思ったよ みなさーーン  検診は 受けましょうねー 「おとなしくしてる つもりなのに」 …

続きを読む

私は 家族に 信用されてない 怒る!!

昨日 御ジーがお気に入りの椅子を二階の寝室に運ぶという 息子を呼んできて 二人で 階段を運び 寝室のドアの前で 入らない      さてどうするか 私は 応援団だから 後ろから  「がんばれ! がんばれ!」応援 で 息子が ドアの蝶番をドライバーで 外そうとしたから 私が  「ドアは簡単に外れるよ 上に持ち上げればよいんだよ」 って言っても  男どもは 聞いてくれない でも 蝶番を外してたら 時間がかかるし 馬鹿らしい 息子に も一度行った 「ドアを持ち上げてみ すぽっと抜けるからッ!!!」 と 息子は 信用してないけど 私がうるさいから やってみた すると ドアは すぽっと抜けた 「ほーら とれたでしょ 母ちゃんはすごいことを知ってるんだからね」って鼻高々 御じーも  「へーーーー 外れるんだあ」って 驚いてた ってことは  私の言うことは 家族に信用されてないんだぁ ってことが よくわかった まじ ムカついた 「おかあも たまーーに まともなことを いうんだね」  だと マジ  マジで ムカついた 結果 御ジーの無駄にでかい 椅子も 難なく 納入     見ろッ 私のすごさを!!!!!               アフォーーーー ども 夜は 息子がボーナスで 寿司をごちそうしてくれた 最上という 我が家で…

続きを読む

相変わらず ボケまくっております

これも手術で治してもらいたいわ 昨日 御ジーに言った 「御ジー 私さ 耳の穴が小さいのかな 今使ってるイヤホンがすぐ外れるのよ」 「へえ 見せてみな」 「あれ? 俺がこの前買ってあげたのはどうしたの?」 「へ?」 「ドドバシで 買ってあげたじゃん 結構高い奴」 「?・・・・  いんや もらってない」 「あげたよ!  見つけてみな! ぜったいあるから!!!」 こういう時は 大概 御ジーがあってる でも おいらの頭は ナッシング  って 仕方なく それらの入ってる箱を引っ張り出し 探し始めた すると 黒いケースが boseと書いてある ひょっとして と  開けたら 見たことがないイヤホンが入ってた これかぁ ってことは 御ジーは自分は boseのイヤホンを買って 私にはそれより安い イヤホンを買っったんだな 貰っといて文句を言う私って・・・・  おまけに忘れてるし ま いっか  私の物忘れはいつものこと 明るく 「 御ジー イヤホンあったよ  こんなの初めて見たよ」 「初めてじゃないよ 俺のと一緒に買ったんだもの」 へえ  それから私は 一回も使ってなかったんだあ 大体 あんなケースに入れちゃうから 忘れるんだぁ でもよかった 見つかって その イヤホンは 耳にしっくりあって 簡単に外れない  朝のウォーキングのお供に 最適だぁ …

続きを読む

これは 学会もんだなあ!

昨日は 心療内科 2週間入院するので 薬の調整 △病院は どこもそうかな 普段飲んでる薬は 自分で薬をもっていく その為に 薬を増量してもらった 癌の状況を話し見つからない話もした すると医師は 「へえ みつからなかったんだぁ  これは 学会もんだなぁ」だって 私は すぐ自分の世界に入っちゃった どうしよ 学会に出席するのかな 洋服を買わなきゃ 見透かされたように   「本人は出なくてもいーんだよ」  だと   がっがり⤵ 今の私は 底辺に癌が流れてて その上にあることの心配が流れてて 前はその上に近所の兄ちゃんの件が流れてたけど それはだんだん薄くなった そういう感じで 落ちてる なので 日に何回か 負のループがやってくる そこで 安定剤を使う   でもま 流れに身を任せるしかない  だいぶ 立ち直ってきた ってか あきらめがついた 私が今やることは 体を鍛える ちょこっと  入院準備  それだけ 不安はない 素人があーのこーの考えても 仕方がない   御ジーとは 相変わらず 馬鹿夫婦で 笑ってるし なんとか暮らしてる ただ 早く5日が来ることを願う そうそう 1月2日は 娘んちは 婿殿の実家の年始 だが むすめは体調が悪いので不参加 で  孫に内緒で 我が家に来るって そしたら御ジーが  じゃあ 久しぶりに 4人だ…

続きを読む

お線香を上げに行ってきた

昨日から ウーォキングを始めた  まずは 30分 チョロイもんよ 帰りに 気になってたおばさんの家の前を通り やっぱり お邪魔しちゃお って ピンポーン おばさんが出てきた  顔色は悪くない    良かった いんやあ  11月の中頃は 私の癌騒ぎと 叔母さんちの息子さんが亡くなったのと も一個 重なり 私はパニック状態だったよ も一個は 後でね 叔母さんちの息子さんは 50代 未婚 おばさんと旦那さんと3人で暮らしてた  我が家とおんなじ その息子さんが癌になり 長いこと闘病してた その息子さんが亡くなった 家族葬って聞いてたので 家に人が出入りすることもなく  家族葬って 本当に簡単なのね 亡くなったら火葬場へ お経もなく 焼いてもらって お骨を持って帰る 親戚も友達も誰も来ない らしい 両親とお姉ちゃんとその子供だけで 送ったって 家族葬も色々あるらしいけどね あれから3週間近くたった ソロソロ いいかなって 彼女に会いに行った こそっと  隣に嫌な女(うん子)が住んでる  あちこちに触れまわすダスキンおばさんに気づかれないように 奴はまだ気付いていないらしい それは置いといて いろんな話をした 「ヌゥさんの前では泣かないことにしたのよ」って 泣いてる 「いいの いいの泣けば 私を気にしないで 泣いちゃいな 涙を全部流しちゃいな」と …

続きを読む

見つからない!  これが一番不安だったわ

22日 最後の 内視鏡 これは 手術する場所を確認するための検査 私は待合室で おとなしく待ってた すると 担当医が 前を通った ?  何しに来たの?  内視鏡は検査技師がいるはず  で また いつものファッションで いつものようにベッドに横になり尻を突き出す もう慣れたもんよ すると 検査技師と 担当医二人で モニターを見てる 前の病院から 何センチくらいのところとか写真とか送られてきてるはず すると 担当医が 「ないなぁ」  え?ないの?なにがないの? 「まだ 傷口ははのこってるはずなんだけどなー」 へ?  傷口がないの? 治っちゃったの? そうなのです 前にも書いたかもしれないけど 私は 傷の治りが早いのです ぎっくり腰の時も整体師に言われました 「治りが早いね」 普段の切り傷も 二日もあれば 治ります 夫も 「あんたは 回復力が高いね 」と  面白がります だって 治っちゃうんだもん それが 今回 裏目に 2週間前にポリープをとった傷跡が見つからないのです 内視鏡を行ったり来たり 「このひだのところは?」と 二人で 夢中です モニターで 一人取り残された私は 己の体を恨みました こんなところで しっぺ返しが来るとは なので 検査は時間がかかりました 私は不安で 不安で  看護師が声をかけてくれるけど どうにもならない 結果 見つ…

続きを読む

バリウム編 

これが一番興味があった が 一番疲れた ま いつものような いでたちをし ベッドに横になる ベッドの右側に 大きな窓があり そこから レントゲン技師が指示を出すらしい 彼女が言うには 右側にいる彼女が向こうと言ったら左 こっちと言ったら右を向けって ってことは 動くの?  ああ 胃のバリウムも結構動いたわね なんか嫌な予感 が   的中        私にしては1時間くらいに感じたけど 半分くらいだろうね あっちへむけ そこで止まれ も少しあっち 完全にあっちへ向け 仰向け こっち向け  そこで止まれ も少しこっち そして うつぶせ(本当は丁寧語) 尻から管を出してるから 足に絡みつきそうで 動きにくい これって なんて 無様な恰好なんでしょう と ワタクシは 思いましたわさ で その恰好を 窓の向こうで ネエサン技師が面白がって見てるんだろうと ちょこっと見てみた ネエサン技師は モニターを 睨んでた そか そだよね  遊んでるんじゃないもんね でもねー  きつかった  うんざりしたわ 「もう少しです」の声に ホッとした 終わって トイレへ数回         白いんこを出した 今日は 1時間くらい 病院にいてください って言われ( ほれ いつ白い奴が出るかわからないからね) そして 食堂で お昼 ああ 久しぶりの食事   美味かったわー   そこそこ …

続きを読む

「あんたは 天然なんだよ!」と 言われた (御ジーに)

今朝 病院の話になり 明日 先生との問診 で 私は 「私は もう あの先生とはしゃべらないよ」と 言った 良い先生なんだけどなんか 私が頼りないみたいで 「わかってる?」って聞いてくる ふん 分かってないよ 御ジーが 何とかしてくれるわ  って 心の中で思う 御ジーと出会って 46年  いつも 御ジーが 何とかしてくれた だから どうしようもない私ができちゃったんだけどね まあそれは 置いといて 病院の書類の整理の話になった 御ジーが言うには 終わった書類は透明のファイルに全部入れておく これからの書類は ピンクのファイルに入れておくって  決めたんだって   決めたんだって っていうのは 私は覚えがないのだ そんなこと 知らないよ  あんたが勝手に決めたんでしょ だったら そのファイルがあるはずじゃn 私は 終わった書類は自分で透明のファイルに入れたから 置いてある場所もわかる 「ほれ」と 見せた でも ピンクは覚えがない   覚えがないと言い張ると御ジーが言った 「いんや 私は あんたはそのファイルを どこかにしまったんじゃないの?」 えーー?   記憶にございません すると 御ジーが「 病院用のバッグの中は?」 ンなことは無い と思いつつ  ばっぐを開けたら ピンクのファイルが 入ってた 御ジーは得意げに(むかつく)  「あの時 あんたは ササっとうわの…

続きを読む

△病院編 

14日は△病院へ そこでの 馬鹿な話  御ジーは 駐車場の屋上に車を止めた そして 病院へ 「私は病人だからエレベーターで行くよ」と  御ジーは階段 で私は 何も考えずに1階を 押した で ドアが開き 出たら そこは駐車場 だった 御ジーが上から 「二階だよー」って 楽しそうに     やっちまった 階段を上がり 受付へ 医師と対面 どんな話をしたかは忘れたが まあまあ 好印象な先生だったわ 私と同じようにせっかちらしく どんどん話を進めていく 私は 人の話から自分の世界に入っちゃう癖があり 年をとったらますます なので 細かいことはは御ジーに任せた で 17日に エックス線撮影(尻からバリウム)と CT が決まった 医師との面談が終わり  看護師に 検査の内容を聞くことになり 待合室で待つ そこに 近所のご夫婦がいたが  でも 気が付かない振りをしてた 途中御ジーが トイレに行った その間 看護師に呼ばれ 2番の診察室に入ることに 御じーは どうしようと思ったが 呼ばれているので そのまま入った すると少しして 御ジーが入ってきた 「なんでわかったの? 」 「〇さんが教えてくれた」 さっき のご夫婦が教えてくれたんだ でもそれがおもしろい 御ジーがトイレから帰ってきたら 私がいない さてどうしようかと思ってたら そのご夫婦…

続きを読む

落ちる

癌ブログなんて 面白おかしく書いてるけどさ 本当は 一日に何回か落ちるんだぁ 気持ちがどよーんとするの そりゃあそうだよね 泣きたいって気持ちじゃないの なんか 生きるのがめんどくさいって感じ いろんな病気を抱えながら 生きておられる方には申し訳ないけど 私は 頑張りたくない 1ヶ月 を どうやって過ごせばよいんだろう なんて考える とっとと 手術を 終わらせてほしかったよ 太極拳はとりあえず辞めた あの 明るいグループの中に入っていく勇気がないから 姑の介護の時もそうだった 皆が楽しそうで 私だけが 辛い思いをしてるって感じでね 辛かったわー でも あの時は頑張れた   でも今は・・・・・・・ 誰かに電話して 愚痴ったって きっと誰も経験がないから 分かってもらえないと思う ひとり 経験者がいるけど その人とはもう 縁を切ってるから 今更ね 長く生きると いろんなことがあるのよねなんて言ったら   もっと先輩に 怒られそう でも もっと強い心が欲しいわ 。

続きを読む

△病院編  の前に

今日は ちょっと話を変えるね  もちろん癌関係だけどね △病院の医師に言われたけど 癌は 撲滅できないらしい なぜなら 私の癌は 10年前に生まれたんだって で 4パーセントは もう 体のどこかに飛んでるんだって この話は怖かったわ でもね 今更怖がったって 仕方がない その時はその時だ 早期発見のために健康診断を受けることだね   私は 鬱がひどかったとき 死に方ばかり考えていた だから 死ぬことに あまり執着がない 子供のころから そういうことを考えてた めんどくさくなると あー 死にたいって 思ってた 今回も 孫が 成人式を迎える まで あと 10年は生きたいなあ って言ったら は~が  「ぬぅちゃん もっと欲をもちなよ」って でもね 家族が 色んな 亡くなり方をして  送ってきた それを見てきたから  人は 簡単に死ぬんだなあって 思っちゃう じゃあ 自分は? 分からない    神様の思し召すままに  ってことだね 無宗教だけどさ ああ 今回は多分復活すると思うよ だって 御ジーが 「そのために あの病院を選んだんだから 後は 医者に任せておけばいいんだよ」って そうそう 私の癌騒動が どれだけ 忙しかったか  スケジュールを書くね ここで まとめて 11月6日  近所の病院で 内視鏡    1…

続きを読む

告知編 でっせ

この日は 早めに行った 御ジーに ついてきてもらった   取り合えず 御ジーは車で 待ってるって 私は待合室へ 名前が呼ばれた 病室に入った ハイッ ここで  「ピンポーン 大当たりー」  って聞こえた感じ  だってさあ 古い病院だから 大きな部屋に 医者が二人並んで座っており  いつもなら 何人かの患者がいて 包帯を巻いてもらってたり 看護師が 動き回ったりしてるのに  患者がいない 看護師は 私を見ようとしない いつもなら 挨拶するのに  これって 下手な芝居みたい いちばん 下手なのが医者 顔に 癌って書いてある そんな顔をしてる この人は 新米? そんなことないよね がん告知なんて 日常茶目仕事なんじゃないの なんてことを ササっと考えながら 椅子へ 医者が 身を乗り出し 「ヌゥさn やっぱり 癌でしたよ  癌はこの前とっちゃったんだけどね 腸に癌が 少し浸潤してるから 大きい病院で手術をして撮ってもらった方が良いね で どこか病院は 考えてる?」 おいおい 告知したばっかりで 気が早いよ  と 思ったけど 私と夫はもう そこまで考えてて 病院も決めてあった 「△病院へ行こうと思います」って 即答 すると 医者が 「あそこなら △〇教授にお願いしましょう これから 教授に連絡して面接の時間を決めましょう 」って    ええ?そこまでしてく…

続きを読む

今日は 大腸内視鏡検査編

病院に9時につき 個室に通され ここで これから 2時間かけて まずいポカリスエットみたいなのを飲んでくださいって 2ℓも 前に手術(胆のう除去)の時にも飲んだ  あれはダイアナさんのパレードの日 失礼 葬式の日だから 20年前 あの時のそれは 酸っぱくて とてもつらかったわ 今回は まずいポカリスエットみたいなの だから 飲みやすかったわ 2リットルを 2時間かけて飲めっていうから テレビを見ながら のんびり なんて 事ないわね 飲むと即 便意が もようしてくる  から トイレへ 座ると 即 ザーッと シッコのような便が出る そうやって 腸をからにするんだって 普段から 水分はたくさんとってるから2リットルは ちょろいもんよ 飲むと即反応するから 忙しくって のんびりテレビを見てる暇はなかったわ コップ1杯分残したころ 便が出なくなり 水だけになったので 看護師に見せ 「ああ これなら もう大丈夫ね」 「じゃあ 残りのコップ1杯は 捨てていいかしら」 「いいえ 飲んじゃってください」  「え?」 なんてことをしてたら 2時間くらいたってた そして検査室に呼ばれ いよいよ 始まるぞ パンツまで脱ぎ お尻に穴が開いてる半ズボン (使い捨て)を履いて ベッドへ横向きに寝る おしりを突き出して とっととやっておくれ  って感じ …

続きを読む

やっぱり書いちゃいます 私は癌です

本当は 手術が終わるまで ブログは休もうと思ってた だけど 私のボケがひどく 御ジーが 笑ってばかりいるので  だったら 明るい癌(私だけかも)を 暇つぶしに書こうかと思ったの 私のブログだし 記録だしね あいつが まだ見てるかもしれないけど もういーや 9月に市の健康診断で 引っかかり 専門の病院を紹介された 近所にあるその病院は いつも つまらないけがでお世話になってる病院 医師「これは 中を見ないとわからないね」 私「 えーーーっ」 医師「だって 見なきゃどうしようもないじゃん」 私「はい⤵」  で  腸の内視鏡決定 そ 検便に潜血 が微量 あったの かかりつけの医者に言われ 「微量だから ようすを見るってことにしますか」って私は逃げた でも 医師が「前にもこういうことがあったけど 結果癌だったんだよ だから 調べたほうが良いよ」 と言われ しぶしぶ 専門医を紹介してもらって 行ったのさ それがさあ まっさか ・・・・・ おっとっと 順番に書くね 私は 腸の内視鏡だけは撮りたくなかったの  だってぇ  後ろに穴が開いてるズボンをはくんだよ 尻の穴から 内視鏡を入れるんだよ  いやーーン 近所のおばさんは1年に1回 やってるって  すげーーー でもま 私も 65歳だし 年をとれば どっかこっか 壊れてくる 諦めました…

続きを読む

守り柿

柿を全部取らないで 鳥たちのために 2個だけ残した 柿が終わったら いよいよ 冬だねー 、

続きを読む

手前味噌

去年仕込んだ味噌が終わり  今日から 今年仕込んだ 初味噌 味噌を作り始め はや 4?5? 年かな  作り続けている 私のことだから 色々失敗したよ 1年目は 種味噌を おまけだと思って 美味しく味噌汁を作っていただいた 美味しかったよ で 後で ギョッ!!! 大豆をゆでた後の汁を全部流しちゃって   ギョ!! 大豆を いい加減に つぶしたので 粒粒が  主張しすぎて いったんは諦めた が 1年ほっといて 捨てるのが もったいないので こして味噌汁にしたら  ヴェーリー グーーーー!!! こんなこともあるのね 今年は 初めて 失敗無しの 味噌が作れた 昨日まで 食べてた 味噌は 去年仕込んだもの 最後のほうは これより もっとこげ茶だった やっぱり 時間が 美味しくするんだなぁと  さてさて 今年の味噌の お味は? 私はアマゾンでセットを買って作ってる   多分 これからも 作るんだろうなあ だってぇ 御ジーが 「美味いなぁ」って いうんですもん  うふッ 今日は 病院の日 町まで出る  こういう時は アッシー君がいて 助かる 前は うっとおしいから 断ってバスで行ってた 最近は すっかり 頼りっきり 本当は自転車でも行けるんだけどね 今は ちょっと 心が落ちてるから 無理はしない 味噌も来春 元気になったら 仕込もうと…

続きを読む

真夜中のドタバタ

夜中 3時ごろかな 御ジーの動く気配で目が覚めた とたんに  サブッ! 御ジーが 私の布団を 引っ張って 自分にかけてしまったのだ 私は毛布だけ それは 私の布団!!! 引っ張って 自分にかけ ベッドの間に落ちてる 御ジーの布団をかけようとしたら 御ジーが それを引っ張って 自分にかけ 丸まって寝てる なにやってんのよー 馬鹿じじー でも 御ジーの足が出てたので 起きて 御ジーの布団をきちんとかけなおし寝た 昨夜 夕飯の時にその話が出た どうやら 御ジーは ベッドの間に落ちてる自分の布団を 掛けなおそうと 私の布団を引っ張っちゃったらしい そのあとのことは 覚えてないって 「ただ 布団をきちんとかけなおしてくれて 優しいな」 って 思ったんだって 馬鹿くせー 優しさでやったんじゃあありません 風邪でもひいたら うっとおしいから 治したのです ま いっか ベッドを くっつけておけば問題はないんだけどね 昔は ピッタリ くっつけていたわよ でもね 今は 私がにぎやかに いびきをかくから  離れてるのよ 。

続きを読む

最近の俳優さんがわからない

最近 日本のドラマは 見ない 対象年齢が 若いから  面白くないから 年寄りにはどうも・・・ だから番宣とかで 女優さんが出てくる へえ この人女優なんだぁ 名前も初めて見た 昔の女優は    なーんてことは言わない 言わないほうが良いのだ でも・・・・・・ このくらい 言ってもよいでしょ 今の女優さんって 一回見たくらいじゃ 覚えられないね え?  あ はい 年だからですね。 話は変わって ある ネットショッピングの会社の契約を解約した 最近 その会社を偽って(多分) いろんなメールが来る セキュリティーが このメールは 開けるな と 警告するメールもあった だったら 縁を切りましょ って 解約した  なんか ホッとした これも 最近の心の曇りの一つだったのだ 私一人くらい 解約したって どうってことないもんね 。    。

続きを読む